BLOG

馬の話 その1

馬に乗るとき自動車のハンドルとなるのがレイン(手綱)

アクセルとなるのがライダーの両足です。

レインにはビット(はみ)がついていて、これを馬の口に噛ませて馬に合図を送ります。

併せてライダーのブーツについているスパー(拍車)でも馬にいろいろな信号を送ります。


馬の話 その2

人間の耳は後ろには向きませんが、馬の耳は後ろに動きます。

もし騎乗していて馬の耳がライダー側ではなく前方方向を向いている時は馬はライダーの次の合図に集中していません。自分勝手に好きな方向に進んだり、そばにある草を食んだりしてしまいます。


馬の話 その3

ライダーはレインを操作し馬を常にライダーに集中させます。

馬の話 その4

馬が走るときは前脚二本同時に蹴って、その後後ろ脚二本同時に蹴るのではなく四本足全部バラバラに使って疾走します。まず右前脚、次左前脚、右後ろ脚、左後ろ脚の順に。

馬の話 その5

乗馬スタイルにはブリティッシュスタイルとウエスタンスタイルがあります。通常乗馬といえばブリティッシュを想像される方が多いと思いますがカウボーイの騎乗スタイルがウエスタンスタイルの乗馬です。

馬の種類、乗り方、鞍の形状など多くの違いがあります。

といろいろ書いてきましたがこのへんで。

そういえば最近馬に乗ってなかったー。