スクウェアダンス (square dance) は、4組のカップルが1セットになって、コーラー (Caller) の指示に従って踊るダンスです。

発祥はアメリカ合衆国で、イギリスのコントルダンスや、フランスのカドリールなどの流れを汲んでいると考えられています。アメリカ合衆国各地で踊られていた各地のスクウェアダンスが、第二次大戦後を通じてに交流し合い、モダンスクウェアダンスとして統一され今では世界各地で踊られています。

スクウェアダンスで使う音楽は、伝統的にはカントリーやブルーグラスでしたが。近年はポップスなども使われています。これらの音楽に合わせて、コーラーが動作を指示し、ダンサーは指示に従ってセットの中で調和を取って踊ります。

スクウェアダンスではいくつかの基本的な動作(コール)を覚える必要がありますが、特殊なポーズやすばやい動きなどの身体的な訓練は必要としないため、ダンサーは普通に歩くことができれば、スクウェアダンスを踊ることができるます。従って、ダンサーの年齢、性別、体型、大きさなどの制約が少なく。また、セットのメンバーは固定的なものではなく、動作(コール)を習得したダンサーであれば、初対面のメンバー同士でも踊ることができます。 

BLOG


MAP